13, 11. 2019 個展のはしご

f:id:atarou:20191113065157j:plain

 

昨日は午後から晴れると予報が出ていたが、時折雨粒も落ちて来て、一向に晴れる様子はなかった。札幌の西で開かれている2つの個展を廻って来ることにした。バスと地下鉄を乗り継いで、西へ向かう。地下鉄を降りて、南へ向かう。画廊前の道路の南に、藻岩山が見えていた。

 

先ずギャラリーミヤシタの瀬川葉子展を見る。方形の作品よりも、不定形の大きな作品が佳かった。手仕事で縫い上げた小物入れを渡す。作品に近い色合いもあって、何度も作品の傍にかざして、喜んでくれて何よりだった。

 

f:id:atarou:20191113070146j:plain

f:id:atarou:20191113070157j:plain

f:id:atarou:20191113070211j:plain

f:id:atarou:20191113070226j:plain

 

画廊を出て東へ500m程歩き、環状線の南廻りの電車に乗る。南9条で下車して、GALLERY創の石川亨信展を見た。凹版の作品で、30余年前に使用しなくなったエッチングプレスを渡している。仕事を続けているのが嬉しい。地面をフロッタージュで刷り取った作品の素材が、気に懸った。画廊を辞して、東の地下鉄の駅へ向かう。久々に、鴨鴨川を覗き込んだ。中島公園イチョウも、半分以上葉を落としていた。

 

f:id:atarou:20191113070954j:plain

f:id:atarou:20191113071012j:plain

f:id:atarou:20191113071031j:plain

f:id:atarou:20191113071338j:plain

 

札幌駅へ着いた頃には、もう薄暗くなっていた。帰りの電車は、灯りが光る暗闇の中を走る。後一月余、日増しに日が短くなるこの時期が苦手、

 

f:id:atarou:20191113071646j:plain

 

12, 11. 2019 咲いているのは小菊のみ

f:id:atarou:20191112061831j:plain

 

昨日午前中は雲が厚かったが、午後に入って雲間が少し開けて来た。1時半過ぎに、散歩に出かけた。住宅街を、南へ向かう。鉄柵に絡んだサルナシが切り詰められ、実が僅かに残っていた。

 

殆どのお宅が冬囲いを済ませ、益々外界は色を失ってきた。咲いているのは小菊ばかり。切り詰められず、方々の庭に残っていた。

 

f:id:atarou:20191112062648j:plain

f:id:atarou:20191112062702j:plain

f:id:atarou:20191112062717j:plain

f:id:atarou:20191112062737j:plain

 

鉄道林前の1本北の道に入る。突き当りの遊歩道のケヤキの葉が、随分減っていた。今週半ばから週末まで雪の予報が出ている。タイヤを取り替える人が、散見された。すっかり空が広くなった、小学校脇の遊歩道に入る。葉が残っているのは、ケヤキとカエデのみ。葉が落ちたナナカマドに寄生したヤドリギの実が膨らんで、透明感が出ていた。久々に前を通ったイチジクは、小さな実が少し色付いていたが、葉が枯れ始めていた。当地では生育が難しいと思われた。

 

f:id:atarou:20191112064107j:plain

f:id:atarou:20191112064124j:plain

f:id:atarou:20191112064143j:plain

f:id:atarou:20191112064158j:plain

 

昨夜来の雨は上がったが、雲が厚い。午後から晴れる予報が出ているので、札幌へ出かけようと思っている。

 

f:id:atarou:20191112064427j:plain

 

11, 11. 2019 造成地を廻る

f:id:atarou:20191111063036j:plain

 

昨日午前中は浮雲が小さかったが、正午を過ぎて浮雲の量と大きさが増して来た。洗濯機を仕掛け、試作の仕事を進める。1時過ぎに姪と担当を替えたので、夕食の素材を買求めに出かけた。

 

南の住宅街を、東へ進む。淡い水色だったアジサイの花が、霜で赤紫色になっていた。車庫の奥に洗った大根が吊るされていた。角のお宅で、広がったツツジに頑丈な冬囲いが施されていた。物干しの金具に、何か下がっていた。よく見ると、皮を剥かれた柿だった。東の沢のカラマツは、葉を落とし始めていた。

 

f:id:atarou:20191111064254j:plain

f:id:atarou:20191111064308j:plain

f:id:atarou:20191111064331j:plain

f:id:atarou:20191111064345j:plain

 

東のスーパーで野菜を買い求め、西のスーパーへ向かう。時間に余裕があったので、北側に出来た住宅群を歩いてみた。敷地が少し狭目で、隣家との間が狭い。それでも、塀を回しているお宅が結構見受けられた。北側に廻ってみる。自動車学校や中学校が下に見え、その向こうに平原が広がっていた。素晴らしい眺めだったが、これから北風が吹き付ける事を想うと、案じられた。

 

f:id:atarou:20191111065547j:plain

f:id:atarou:20191111065603j:plain

f:id:atarou:20191111065623j:plain

 

買物を済ませて戻る。歩道脇の柿の実が収穫され、下がった枝が紐で吊り上げられていた。此処のお宅も、干し柿を造るのだろうか。

 

f:id:atarou:20191111065920j:plain

 

10, 11. 2019 久々の青空

f:id:atarou:20191110063827j:plain

 

昨日午前中は分厚い雲が空を覆っていたが、正午を過ぎて雲が開け、青空が覗き始めた。昼食時に姪から、今日出かけるので炊事の担当を代わって欲しいとの要請があり、夕食の担当は今日に変ったので、1時過ぎに南西を廻って来ることにした。歩き出す前に、庭を一巡する。内庭のアトリエからも居間からも見えぬ位置に、ツワブキが花を付けていた。

 

f:id:atarou:20191110065346j:plain

 

南の住宅街を、東へ進む。今年は毬の数が多かった栗の樹が、未だあおい葉を付けていた。国道を走る車が見える様になった、鉄道林前の道を東へ進む。高さを増した国道と線路が交叉する位置から、北西へ戻った。周囲の樹々が裸木になってしまった南の公園の南西の角に、実を数多く付けたコマユミが縛られていた。実の殻がひらき、中の実は皺が寄り始めていた。塀の鉄柵に絡まったべ二シタンに、赤い実が見えていた。日毎に色を失っていく世界では、赤い色に目を吸い寄せられる。

 

f:id:atarou:20191110070839j:plain

f:id:atarou:20191110070902j:plain

f:id:atarou:20191110070927j:plain

f:id:atarou:20191110070955j:plain

 

小さな浮雲が多いが、今朝も青空が広がっている。本州では高温の為に、樹々の紅葉が遅れていると報じられていた。

 

f:id:atarou:20191110071541j:plain

 

09, 11. 2019 寒い立冬

f:id:atarou:20191109062916j:plain

 

立冬の昨日は、雪こそ降らなかったものの、気温がぐんと下がり薄暗い一日となった。正午前の天気予報を見ていたら、気温が2.6度、最高気温は3度と報じられていた。1時半過ぎに、浅漬けの素材を買求めに出かけた。

 

ナナカマド公園の遊歩道に入る。入口のシラカバとカエデは、葉が殆ど落ちて、残った葉も枯れていた。南へ向かい、南の住宅街を東へ向かう。未だ葉が赤いドウダンツツジが、縛られていた。

 

f:id:atarou:20191109064204j:plain

f:id:atarou:20191109064216j:plain

 

ひよどり公園東側の、2軒の区画に3軒の住宅が、ほぼ出来上がっていた。沢のカラマツは葉が枯れ始め、色を失っていた。沢に沿って、北へ向かう。沢の東の野幌の樹々も、見えていた。

 

f:id:atarou:20191109064721j:plain

f:id:atarou:20191109064742j:plain

f:id:atarou:20191109064806j:plain

 

3番通りを、西へ戻る。窪地の樹々は裸木となり、南のカラマツの更に南の住宅が見えて来ていた。無闇と遠くまで見えるのは、落ち着かない。東のスーパーで、野菜を買い求めて戻る。中央分離帯の樹々も葉を落とし、アズキナシの赤い実が目立っていた。9月に着工した住宅が、ほぼ出来上がっていた。雪が積もる前に転居出来そうで、ほっとする。

 

f:id:atarou:20191109065830j:plain

f:id:atarou:20191109065850j:plain

 

今朝も曇り空。今日の最高気温は6度と、少し暖かくなる予報が出ている。

 

f:id:atarou:20191109070159j:plain

 

08, 11. 2019 雨から雪へ

f:id:atarou:20191108064931j:plain

 

夕刻から雨か雪が降るとの予報が出ていた昨日は、早々と正午過ぎから雨が降り始めた。しっかり着込んで、傘をさして散歩に出かけた。南北に通る幹線道路を、南へ向かう。歩道脇でモミジが赤い葉を見せていた。

 

鉄道林前の1本北の道に入る。イチイに吊るされたホオズキは、外皮は葉脈だけとなり、中の実が見えていた。ネムノキの莢が大分黄色くなっていたが、今年も此の侭冬を越すことになりそう。

 

f:id:atarou:20191108065757j:plain

f:id:atarou:20191108065824j:plain

 

南向きの庭で、コハマギクが咲いていた。通りの突き当りの遊歩道のケヤキは、半分程葉を落としていた。緑地帯を、南へ戻る。東町公園の北側に出た頃、雨が白く見え始めた。初雪の到来。

 

f:id:atarou:20191108070424j:plain

f:id:atarou:20191108070437j:plain

f:id:atarou:20191108070453j:plain

f:id:atarou:20191108070511j:plain

 

夕刻のニュースで札幌の初雪の様子が流れていたが、山際の札幌の方が、雪の降り方が激しかった。今朝降り積もった雪の写真をと思っていたが、アジサイの葉に僅かに積もっているのみだった。

 

f:id:atarou:20191108071034j:plain

 

07, 11. 2019 手稲山初冠雪

f:id:atarou:20191107063300j:plain

 

昨日は最高気温が8度と、一桁となり、分厚い雲が空を覆った。正午のニュースで、旭川で初雪が降り、手稲山が初冠雪したと報じられていた。1時半過ぎに、夕食の素材を買求めに出かけた。雲が気懸りだが北の外れから山並みを見ようと、ななかまど公園の中程から東へ抜けた。

 

東の公園の樹々は、皆葉を落としていた。南西の角の大きな切株が、痛々しい。少し東の飼い犬は、声をかけても動かず寝入っていた。

 

f:id:atarou:20191107064508j:plain

f:id:atarou:20191107064532j:plain

 

3番通りを渡り、北の住宅街に入る。雪の予報が出ているのに、バラが咲いていた。北のマルメロも佳い実を付けていたが、収穫されていなかった。玄関へ続く木製の棚に絡んだブドウも収穫されず、実が下がっていた。

 

f:id:atarou:20191107065038j:plain

f:id:atarou:20191107065056j:plain

f:id:atarou:20191107065112j:plain

 

団地の北外れから、北西の手稲山を眺める。幸い雲はかからず、山頂付近の白い雪が見えていた。

 

f:id:atarou:20191107065455j:plain

f:id:atarou:20191107065508j:plain

 

山ばかりではなく、平地にも降雪の予報が出ている。厳しい季節が始まった。

 

f:id:atarou:20191107065639j:plain