02, 03. 2021 雪を融かす雪

f:id:atarou:20210301185222j:plain

 

昨日は、日中曇りで夕刻から雪の予報が出ていたが、正午過ぎから雪が舞い始めた。最高気温5度と高めなので、牡丹雪は路面に落ちると直ぐに融ける。以前、現代華道の作家の友人が、春の雪は雪を融かす雪と語ったのを、思い出した。雪が柔らかくなって、歩き難いしらかば公園の遊歩道を西へ抜けた。

 

f:id:atarou:20210301185301j:plain

 

南西へ進み、中央の沢の池を覗く。岸辺の氷が溶けて、色が変わっていた。沢の西の遊歩道は、20㎝を超える新雪で、人が歩いた跡は見られなかった。

 

f:id:atarou:20210301185330j:plain

f:id:atarou:20210301185403j:plain

 

駅前のスーパーで買物を済ませ、鉄道林前の道を戻る。歩道の雪が緩み、足跡の凹みが付いていた。夜分の寒気で凍ると、歩き難くなると思いながら歩く。沢の東の遊歩道にも、足跡が並んでいた。沢を離れて、住宅街を北東に戻る。大きな庭木のキタコブシの花芽が、膨らんで来ていた。

 

f:id:atarou:20210301185448j:plain

f:id:atarou:20210301185510j:plain

 

今朝は昨日来の雪が降っている。庭は真っ白。ヤマツツジに積もった雪は、地面の雪と繋がってしまった。今日、明日と、また冬日の予報が出ている。

 

f:id:atarou:20210301185536j:plain

 

01, 03. 2021 雛人形を飾る

f:id:atarou:20210228181508j:plain
 

昨日は真冬日を脱出し、一気に6度迄気温が上った。寝具の洗濯でベッドをずらすついでに、雛人形を取りだす。自室と玄関ホールに飾り、生花店へ出かけて、生花を求めて来た。菜の花が余り佳い状態でなかったので、オンシジウムミモザも買い求めて来た。玄関、仏壇前、自室の三か所に、花を活けた。

 

f:id:atarou:20210228181536j:plain

f:id:atarou:20210228181558j:plain

f:id:atarou:20210228181619j:plain

 

昼食後、散歩に出掛けた。雲無く良く晴れていて、歩道脇の樹々は、枝の雪を落としていた。南の住区の大きなキタコブシの花芽が、白く光る。モモの芽の先端から、黄緑色が覗いていた。

 

f:id:atarou:20210228181711j:plain

f:id:atarou:20210228181731j:plain

f:id:atarou:20210228181753j:plain

f:id:atarou:20210228181811j:plain

 

ななかまど公園に続く遊歩道を、北へ戻る。遊歩道脇のナナカマドの枝に、ヒヨドリの置き土産と思われるヤドリギが見えていた。ななかまど公園に、南から入る。夕刻までよく晴れた一日だった。

 

f:id:atarou:20210228181848j:plain

f:id:atarou:20210228182002j:plain

 

今朝は、曇り空。最高気温は5度と高めだが、雪も降る予報が出ている。

 

f:id:atarou:20210228182031j:plain

 

28, 02. 2021 真冬の様に

f:id:atarou:20210227193349j:plain

 

昨朝の晴れ間は長くは続かず、前日程酷い降りではなかったが、雪が降ったり止んだりを繰り返した。昼食後少し明るくなって来たので、夕食の素材を買い求めに出掛けた。先ず玄関前の階段に積もった、20㎝近くの雪を片付ける。折角広くなっていた道路は、塀の前に雪を積むので、狭くなっていた。

 

遊歩道を歩こうと、ナナカマド公園へ向う。公園入口に重機が押し上げた雪の山は、樹の枝を押し上げていた。少し、陽が射して来た。遊歩道脇の樹々も、真っ白だった。

 

f:id:atarou:20210227193419j:plain

 

南の住宅街を、東へ向かう。南の公園の北側の道も、すっかり狭くなっていた。ヒヨドリ公園では道路側の雪の壁が高くなり、公園内に雪を運ぶための道が出来ていた。

 

f:id:atarou:20210227193449j:plain

f:id:atarou:20210227193542j:plain

 

東の沢に近付く頃、また雪が降り始めた。北のシデコブシには、雪の華が咲いていた。庭木には大きすぎるキタコブシを見上げる頃、雪は治まっていた。

 

f:id:atarou:20210227193625j:plain

f:id:atarou:20210227193700j:plain

f:id:atarou:20210227193907j:plain

 

買物を済ませて、戻る。何処の道も道の両側から押し出されて雪で狭まり、真冬の道路の様になっていた。

 

f:id:atarou:20210227193935j:plain



 

27, 02. 2021 予報が外れて

f:id:atarou:20210226192938j:plain

 

昨日は午前中は曇、午後には晴れの予報が出ていた。前回11月下旬の通院は、コロナ禍を恐れて薬の処方箋が送られて来て、団地の薬局で薬を調達した。毎朝と就寝前に計測する血圧の数値の集計をする。ほぼ半年分なので、時間がかかった。

 

10時過ぎから、雪が降り始めた。風も強く、吹雪の状態。1時過ぎのバスで新さっぽろへ向かい、地下鉄に乗り換える。地下鉄の駅を出ると、雪の降りは弱まっていた。医大前のアカバトチノキを見上げる。枝先の芽が、膨らんでいた。歩道の街路樹のトチノキも、つんと尖った芽を見せていた。

 

f:id:atarou:20210226193019j:plain

f:id:atarou:20210226193043j:plain

 

2時間近く経って、漸く薬を受け取って病院を出る。未だ雪は降り止んでいなかった。大通公園を東へ向かい、南北に通る道を北へ向かう。植物園の100m西では、200mに渡って更地になった建設現場があった。植物園の西側に沿って、北へ向かう。イチョウが街路樹の北5条通りを、東へ向かう。植物園の東の端で北へ向かい、雪の季節が終わると自転車置き場となる緑地帯を通り抜ける。ビルと高架線に挟まれた、緑地帯。

 

f:id:atarou:20210226193119j:plain

f:id:atarou:20210226193149j:plain

f:id:atarou:20210226193229j:plain

f:id:atarou:20210226193251j:plain

 

今朝雪は止んで晴れているが、庭木には20㎝近くの雪が降り積もっている。折角排雪作業で道幅が広くなったのに、これでは元の木阿弥になってしまう。

 

f:id:atarou:20210226193401j:plain

 

26, 02. 2021 除雪済みの道を

f:id:atarou:20210225171751j:plain

 

昨朝の晴れ間は長くは続かず、北西から流れて来る雲が何度も広がった。時折よく晴れるので、晴間に仕事を進めた。昼食後、散歩に出かけた。前日の歩道を思い出し、住宅街の道を選んで歩く積りでいたが、幹線道路の雪は融け、歩道は除雪されていた。

 

除雪された歩道を、南へ進む。歩道脇のお宅のモミジの枝が、半ば雪に埋もれて、赤い芽を見せていた。

 

f:id:atarou:20210225171822j:plain

f:id:atarou:20210225171849j:plain

 

鉄道林前の1本北の道を、西へ進む。東町公園に続く緑地帯の遊歩道も、除雪済みだった。遊歩道脇のお宅の庭木に、ヒヨドリの姿が見えた。昨年の枯れた実を付けている枝があった。シジュウカラも飛び回っていた。

 

f:id:atarou:20210225171919j:plain

f:id:atarou:20210225171950j:plain

f:id:atarou:20210225172012j:plain

f:id:atarou:20210225172053j:plain

 

遊歩道を、北へ戻る。小学校脇の遊歩道に入る頃、陽が射して来た。遊歩道の西側の保育施設の屋根から、長い氷柱が下がっていた。

 

f:id:atarou:20210225172141j:plain

f:id:atarou:20210225172208j:plain

 

しらかば公園を、東へ通り抜ける。公園近くのお宅のインドリンゴの芽の先が、黄緑色に見えていた。今日も最高気温1度と、真冬日が続く。今日は午後から、脳外科へ出かけなければならない。

 

f:id:atarou:20210225172237j:plain

 

25, 02. 2021 逆戻りの光景

f:id:atarou:20210224203448j:plain

 

昨日は前夜からの降雪で、真冬並みの光景に逆戻りした。雲間から漏れる陽で、仕事を少し進める。昼食後、夕食の素材を買い求めに出掛けた。先ず、小学校前の公園脇の郵便局へ向かい、前夜書いた書状を投函する。郵便局の前は除雪されていたが、他は足跡や轍を辿って、歩く羽目に陥った。

 

バス通りの1本南の道を、東へ向かう。強い風が雪面や、屋根の雪を舞い上げていた。排雪作業で広がった南の住宅街の道は、左右からの雪で、狭まっていた。冬への逆戻りの中で、サンシュユの花芽の膨らみが、嬉しかった。

 

f:id:atarou:20210224203520j:plain

f:id:atarou:20210224203538j:plain

f:id:atarou:20210224203602j:plain

f:id:atarou:20210224203643j:plain

 

東のスーパーで野菜を買い求め、西のスーパーへ向かう。歩道は足跡が付けた細い道。これが凍ったら、大変なことになると思いながら歩く。買物を済ませて戻る。柿の樹の芽も、膨らんでいた。植物の変化が、春への想いを繋ぐ。

 

f:id:atarou:20210224203739j:plain

f:id:atarou:20210224203803j:plain

 

今朝は浮雲も見えるが、空は晴れている。最高気-1度と、今日も真冬日の予報が出ている。

 

f:id:atarou:20210224203832j:plain











 

24, 02. 2021 季節が戻って

f:id:atarou:20210223185239j:plain

 

昨日は最高気温2度と気温が下がり、前夜からの雪で庭が白くなっていた。10時過ぎには雪が降り始め、吹雪の状態となった。昼食後雪が止んで空が明るくなって来たので、この機を逃すまいと散歩に出かけた。

 

路面には10㎝近くの雪が積もり、滑る心配は無くなっていた。3番通りを越えて、北の住宅街に入る。晴れていると黄緑色に輝くポプラの梢が、不機嫌な色を見せていた。北外れから北西を見渡すが、山並みばかりでなく、札幌市街も雲の中だった。公園東の住宅には、3月から開業の展示が出ていた。北風が強く、直ぐ西の公園の雪が、風で吹き飛んでいた。

 

f:id:atarou:20210223185348j:plain

f:id:atarou:20210223185418j:plain

f:id:atarou:20210223185445j:plain

f:id:atarou:20210223185519j:plain

 

住宅街を、南へ戻る。南向きの新築住宅は、未だ外壁が貼られていなかった。直ぐ傍の3か所に入口がある集合住宅は、外壁が貼られ、屋内には灯りが点いて内装工事が進められていた。

 

f:id:atarou:20210223185600j:plain

f:id:atarou:20210223185628j:plain

 

3番通りを渡り、住宅街を南東に戻る。マンサクの樹を見に立ち寄った。花芽が分離して、複雑な形状になっていた。真っ赤な枝のモミジに、小さな芽が見えていた。

 

f:id:atarou:20210223185740j:plain

f:id:atarou:20210223185807j:plain

 

夕刻からまた雪が降り始めた。今朝も降り付いていて、庭木は綿帽子を被っている。今日の最高気温は-2度で、季節が戻ってしまった。

 

f:id:atarou:20210223185832j:plain