08, 02. 2023 距離を延ばして

 

昨日も、朝からよく晴れた。自室の片付けを済ませ、9時半過ぎに散歩に出掛けた。少し表面が凍っている南北に通る幹線道路を渡り、東の住宅街に入る。道幅が狭くなっていた。白い毛に包まれたキタコブシの花芽が、光っていた。

 

 

脚の調子が良いので、住宅街の東へ出る。住宅街と東の沢の間の道を、南へ戻る。道は西へ曲がっていた。沢があかしや公園と繋がる様子が、よく分かった。西側に出て、いつも見慣れている公園の様子を見ながら南へ向かい、バス通りの2番通りへ出た。

 

 

除雪はされておらず、通行人が踏み固めた幾分歩き難い歩道を西に戻り、ななかまど公園の遊歩道に入った。

 

 

トルコ南東部で地震が発生し、隣接するシリア両地で、5000人を超える死者が出ていると、報じられていた。もう25年以上も前に、招かれてスロバキアのブラティスラヴァで一月の個展をしたことがある。個展の合間を利用して近郊の都市を訪ね、イスタンブールに3日滞在したことがある。距離は離れているが、被害のない事を祈っている。

 

 

07, 02. 2023 遊歩道を北へ

 

昨日は午前中は曇りで、午後から晴れとの予報が出ていたが、朝からよく晴れた。9時半過ぎに、脚の訓練の為の散歩に出掛けた。家の前の道路を、西へ進む。前夜からの積雪が、10cm強見えていた。長い期間をかけて出来上がった幼稚園では、古い施設が全て取り壊されていた。

 

 

しらかば公園の遊歩道を、北へ向かう。車が通らず、安全に歩ける遊歩道は有難い。遊歩道の最初の東西への枝道を、東へ進む。昨年更地になっていた宅地で、新築工事が始まっていた。

 

 

住宅街を東へ戻る。サクランボの冬芽が分離し始めていた。家のすぐ東に通ずる幹線道路の歩道を、南へ戻る。わずかな距離の散歩だったが、十分愉しめた。

 

 

06, 02. 2023 南を回って

 

日曜日の大仕事、寝具を含めた洗濯物を洗濯機に仕掛け、ベッドメーキングを済ませて、買い物がてらの散歩に出掛けた。風もなく、暖かかった。2番通りに古くからあるスーパーで日用品を買い求め、バス通りの1本南の道を、東へ戻る。小学校北側の広場に積まれた雪の山が、高さを増していた。

突き当たりの南北に通る幹線道路は、雪が溶けてアスファルトが出ていた。我が家のすぐ東に続く歩道を、北へ戻る。両側の雪が高くなって、雪の回廊の様だった。街路樹のシナノキの芽が増えて、枝先に量感が出始めていた。

 

 

歩いた道のりは、かっての散歩の10分の1にも満たないが、焦らず少しずつ距離を伸ばそうと思っている。

 

 

05, 02. 2023 腰部肺柱管狭窄症だった

 

腰部を中心に右半身が痛み、歩行が困難となった半月程前、弟の運転で彼が30年ほど前に設計を担当した外科へ連れて行って貰った。問診を終えてレントゲンを撮られ、3種の飲み薬と2種の傷薬を受け取って戻った。もう30年ほど前に義妹の父親が他界して、母親が一人残された。丁度そろそろ家を建て替えようかと時期だったので、家族で相談して、余り丈夫でない義妹の母親も一緒に暮らせる家が出来上がった。先年旅立った義母が5年程使用していた昇降機が、大いに役立った。

家具や壁を伝い歩きしか出来なかったが、先週末から歩行が可能になった。医師に手術を受けるかと尋ねられ、部位は離れているものの神経管なので、仕事に不可欠の右手に何か影響が出る事を恐れ、手術は断った。注射は、全て左手に打って貰っている。一昨日、次回の来院は1週間後と決められ、大量の薬を受け取って来た。

昨日久々に、夕食を担当すると申し出た。義妹が無理をしない様にと、弁当を取り寄せるので、ご飯と汁物を作る事で話が落ち着いた。

久々に住宅街を、東へ向かう。左右から雪が迫り出して、道幅がかなり狭くなっていた。

 

 

何時もなら南を大回りするのだが、最短距離を3番通りへ向かう。キタコブシの花芽が、白く光っていた。東のスーパーの駐車場の西側に並ぶ、シラカバの梢が赤みを帯びて来ていた。伸び始めた雄花の所為だった。

 

 

東のスーパーで野菜を買い求め、西のスーパーへ向かう。歩道脇のイチイの生垣から、数多くの氷柱が下がっていた。無理をせぬ様に、日常を取り戻したいと思っている。

 

 

21, 01. 2023 散歩の後で異変

 

昨日朝から陽が射していたが、前夜の降雪が10cmほど積もっていた。南北に通る幹線道路の歩道を、南へ向かった。除雪はされていなかったが、通行者の足跡で、ほぼ平らになっていた。

東町公園に続く遊歩道を、北へ戻った。

 

 

東町公園を斜めに抜ける積りでいたが、遊歩道は除雪されていなかった。仕方なく、公園の南の歩道を東へ向かい、市の指定木の大きなケヤキの東を、北へ曲がった。突き当たりは小学校。公園の樹々の影が路面に伸びて、美しかった。小学校の中庭に集められた雪の山で、小学生がスキーを愉しんでいた。

 

 

家に戻り、写真の整理をする。昼食まで間があったので、手と脚の爪切りをした。詰めを切り終えて立ち上がろうとしたら、右足が腰に突き刺さる様な痛みが走った。家具などを支えにしないと、痛くて歩けない。昼食時義妹が、先年旅立った義母の症状と同じと話していて、弟の事務所が以前設計した整骨院へ電話を入れ、予約を取ってくれた。今日は整骨院へ出かけなければならない。

 

 

20, 01. 2023 北西の商業施設へ

 

昨日は浮雲は多めだったが、青空が広がった。前日とは異なり、午後も同様の天候が続いた。絵具など必要なものが出て来て、洗濯機を仕掛け、9時過ぎに北西の商業施設へ向かった。住宅街の道路は、左右から迫り出してくる雪で、かなり狭くなっていた。3番通りに出て西へ進み、札幌へ通ずる道を北へ進む。手稲山と山並みが、すっきり見えていた。

必要な品を買い揃え、奥の施設の生花売り場を覗く。蕾が膨らみ始めたレンギョウが出ていた。

 

 

3番通りに戻り、中学校の西の道を南へ戻る。グラウンドの南の道を、東へ戻る。実が黄色味を帯びたヤドリギが、数多く見られた。

 

 

大寒の今日は、最高気温2度の予報が出ている。日中は晴れるが、日暮れから明日にかけて、強い風雪の予報が出ている。明日から来週にかけて、気温もぐんと下がるらしい。

 

 

19, 01. 2023 午後は予報通りの雪

 

昨日は午前は曇、午後は雪の予報が出ていたのだが、7時を過ぎて雲間が広がり、青空が広がり始めた。夕食の担当の日だったので、9時半過ぎに買い物がてらの散歩に出掛けた。新雪が5cm今日積もり、路面は真っ白だった。ななかまど公園の遊歩道を、南へ向かう。遊歩道脇の雪の壁が、高くなって来ていた。2番通りを渡り、南の住宅街に入る。南の公園も、住宅街から押し出された雪で、壁が高くなっていた。

 

 

東のひよどり公園の西の道を、北へ戻る。街路樹のナナカマドに寄生したヤドリギが、雪を載せていた。突き当たりの東の沢の樹々の梢が、冬芽で量感を持って来ていた。北のあかしや公園には、雪を運び込む為の道が、数本出来ていた。

 

 

住宅街の外れから、北西の山並みが見えていた。2件のスーパーを回り、買い物を済ませて戻る。此の儘晴れ間が続くかと思われたが、正午を過ぎて浮雲が増え、1時過ぎから夕刻まで雪が降り続いた。内庭の庭木は、可哀想な程雪を載せている。