24, 03. 2019 水蠟の木

f:id:atarou:20190324063622j:plain

 

前夜からの昨朝の雪は、9時半過ぎまで降り続いた。庭木も根開けから広がった地面も、雪で真っ白になってしまった。10時前に雲間から、陽が射し始めた。

 

f:id:atarou:20190324064234j:plain

 

1時半過ぎに、散歩に出かけた。義妹が明日用事が出来て、炊事担当を代わって欲しいと頼まれていたので、買物の必要はない。南北に通る幹線道路を、南へ向かう。アスファルトが出ていた車道も歩道も、15㎝程の雪が積もっていた。住宅街の道路も、真っ白だった。

 

f:id:atarou:20190324065052j:plain

f:id:atarou:20190324065113j:plain

 

鉄道林前の道の1本北の道に入る。建設中だった住宅が出来上がり、周囲が綺麗になっていた。伸び放題のイチイの枝に、小さな氷柱が下がっていた。雪を背景に、イボタの実が綺麗に見えていた。子供の頃からイボタと呼び習わして来たが、どの様な漢字を充てるのかと調べてみた。イボタノキが正式の呼称で、水蠟という漢字が載っていた。

 

f:id:atarou:20190324065926j:plain

f:id:atarou:20190324065944j:plain

f:id:atarou:20190324070013j:plain

 

住宅街の轍を伝って、北東に戻る。家が出来上がって2か月程空家にになっていた住宅の前に、車が止まっていた。玄関に何かを据え付けているらしい。他にも車が止まっていて、2階を見上げると、カーテンが見えていた。どうやら、人が住み始めたらしい。東町公園近くの鉄柵に絡んだサルナシの芽が、膨らんで来ていた。また幹線道路に出て、北へ戻る。晴れて来た北の空に、街路樹のシナノキの梢が、量感をも持って見えた。

 

f:id:atarou:20190324070851j:plain

f:id:atarou:20190324070906j:plain

f:id:atarou:20190324070938j:plain

 

夕刻までに、内庭の敷石の雪は融けていたが、昨夜来の雪がまた庭を白くしている。もう雪など不要なのに、来週の天気予報にも雪達磨が鎮座ましましている。

 

f:id:atarou:20190324071424j:plain

 

23, 03. 2019 季節が戻って

f:id:atarou:20190323063433j:plain

 

昨日は気温が一気に10度程下がり、雪が舞った。地面に落ちると直ぐに融けるのだが、中々降り止まない。時折止んで雲が高くなり晴れるかと期待するが、直ぐに空が暗くなる。昼食後、少し雲が高くなって来たので、散歩に出かけた。

 

南東に青空が見えていたので、南へ向かう。フクジュソウが出た庭では、クロッカスも蕾を見せていた。南の住宅街の桃ノ木を見上げる。陽光がなく、冬芽の先端の若草色が感じられない。鉄道林前の道を、東へ向かう。オニグルミの枝先の冬芽が、膨らんで来ていた。

 

f:id:atarou:20190323064904j:plain

f:id:atarou:20190323064920j:plain

 

鉄柵に絡んだミツバアケビの芽が、膨らんで来ていた。昨年は実を付けなかったが、今年は実を見られるだろうか。

 

f:id:atarou:20190323065149j:plain

f:id:atarou:20190323065202j:plain

 

通りの南の窪地を見下ろす。大分雪が融けて、流れが見えていた。雪が融けた場所に伸びている緑がミズバショウを想わせたが、どうやらクマザサだったらしい。

 

f:id:atarou:20190323065612j:plain

f:id:atarou:20190323065627j:plain

 

住宅街を、北西に戻る。雪の降りが酷くなって来た。晴れていれば白く輝く、キタコブシを見上げる。ななかまど公園を通り抜けようとしたが、融けた雪で遊歩道に流れが出来ていたので住宅街を戻る。土浦在住のMIXY友が教えて下さったスノードロップが咲いていた。

 

f:id:atarou:20190323070212j:plain

f:id:atarou:20190323070228j:plain

f:id:atarou:20190323070249j:plain

 

今朝は昨夜来の雪で、庭が真っ白になっている。今日、明日と、最高気温は0度で、雪の予報。折角植物も出てきているのに、季節が戻ってしまう。

 

f:id:atarou:20190323070512j:plain

 

22, 03. 2019 汚れた雪が

f:id:atarou:20190322063736j:plain

 

気温は10度を超えていたが、春のお彼岸の昨日は日差しの望めぬ一日となった。好天が巡ってきたら仕事を始めようと、和紙を水張りする。切れた絵具も出て来たので、午後から札幌へ買い物に出かけた。南1条の店舗で絵具を買い求め、前回気に入ったものが見付からなかった、散歩用の冬靴を買い求めた。毎日歩くので、靴底がしっかりしていることが、何より大切。

 

買物を終えて、大通公園へ出る。一冬分の汚れを載せた雪が、まだ残っていた。公園を、西へ向かう。ハクウンボクに、冬芽が膨らんでいた。西のキタコブシの芽も、大分膨らんでいた。

 

f:id:atarou:20190322064848j:plain

f:id:atarou:20190322064902j:plain

f:id:atarou:20190322064924j:plain

 

北へ向かい、道庁の南門前のハクウンボクを見上げる。冬芽の他に、昨年の花の跡の実も残っていた。

 

f:id:atarou:20190322065124j:plain

f:id:atarou:20190322065139j:plain

 

南門から道庁の構内に入る。すっかり雪が融けた池では、浮島の様にセットされた平板や太いロープの周りに、マガモが集まっていた。

 

f:id:atarou:20190322065543j:plain

f:id:atarou:20190322065600j:plain

 

今日は最低気温-1度、最高気温2度と、10度近く気温が下がっている。積もるほどではないが、雪が舞っている。週末の予報には雪達磨が並び、寒の戻りとなるらしい。

 

f:id:atarou:20190322065940j:plain

 

21, 03. 2019 南風吹いて

f:id:atarou:20190321063127j:plain

 

昨日もよく晴れたが、強い南風が吹いた。今日から日差しが望めぬ予報が出ていたので、朝食後直ぐに仕事に取り掛かり、昼食後に仕上げた。余り間が空くと、気分が変わって制作には良くない。絵具の容器や刷毛を洗った。

 

1時半過ぎに、夕食の素材を買求めに出かけた。日野にお住いのMIXY友が黄金色の春と題して黄色い花々を載せておいでだったので、開花したサンシュユの写真を思い浮かべて南へ向かう。芽が膨らんで、冬の外套の外皮が開き始めている芽を見付けた。

 

f:id:atarou:20190321064308j:plain

 

雪が融けた庭には、フクジュソウが出ていた。東の沢傍の工事現場では、覆いが外され家が姿を現していた。開花が早い桜の芽が、分離し始めていた。

 

f:id:atarou:20190321065110j:plain

f:id:atarou:20190321065124j:plain

f:id:atarou:20190321065157j:plain

 

北へ向かい、鉢物の多いお宅の前を通る。未だ膨大な鉢は並んでいなかった。少し回り道をして、東の沢に出る。未だ2番通りからの近道には、雪が積もっていて通れない。バッコヤナギは、昨年の台風で、被害を受けていた。少し北のネコヤナギは、白い芽を光らせていた。

 

f:id:atarou:20190321065617j:plain

f:id:atarou:20190321065634j:plain

f:id:atarou:20190321065657j:plain

f:id:atarou:20190321065718j:plain

 

2軒のスーパーを廻って、買物を済ませて戻る。先日引越し中だった家の前を通る。新たな生活が始まっていたが、テラスと思われる場所が、未だ出来上がっていなかった。そろそろ姿を現す頃かと、ナニワズのあるお宅へ立ち寄る。根開けの部分と雪の下から、艶やかな緑が現れていた。昨秋見えていた蕾も、健在だった。

 

f:id:atarou:20190321070550j:plain

f:id:atarou:20190321070606j:plain

 

春分の日の今朝は曇り空で、荒れ模様の予報が出ている。明日からは気温が一気に一桁前半まで下がる予報。

 

f:id:atarou:20190321070852j:plain

 

20, 03. 2019 暖かな一日

f:id:atarou:20190320063709j:plain

 

昨日朝方は浮雲が多かったが、次第に青空の領域が広がっていった。内庭のシャクナゲクロフネツツジの根元に根開けが出来て、地面が覗き始めていた。朝食後、直ぐに仕事に取り掛かる。昼食後もう一仕事進めて、散歩に出かけた。

 

お八つの焼き菓子が切れていたので、駅前のスーパーへ向かう。ライラックの芽が、円く膨らんで来ていた。北の沢の遊歩道の雪が融けていたので、遊歩道を南へ向かう。沢の西側の斜面には、樹々の根開けが点々と見えていた。

 

f:id:atarou:20190320064908j:plain

f:id:atarou:20190320064925j:plain

 

2番通りに出て、中央の沢の池を見下ろす。水面が広がり、雪の色が変色した面積が増えていた。

 

f:id:atarou:20190320065201j:plain

f:id:atarou:20190320065220j:plain

 

駅前のスーパーで買物を済ませ、沢を渡る階段に出る。階段右手の斜面に、根こそぎ引き抜かれた木や、切られた太い幹が置かれていた。昨年の台風で被害を受けた、樹々と思われる。階段を上って出た沢の東側に聳える白樺に、雄花が出始めていた。

 

f:id:atarou:20190320065734j:plain

f:id:atarou:20190320065802j:plain

 

沢の東の遊歩道を、北へ向かう。雪は随分嵩を減らしていた。遊歩道を離れて、住宅街を北東に向かう。鉄柵に絡まったフジに、赤味のある冬芽が見えていた。しらかば公園の遊歩道の雪も、融けていた。東へ通り抜け、住宅街を戻った。南向きのお宅の塀の前に、白い球根植物が花を開いていた。

 

f:id:atarou:20190320070555j:plain

f:id:atarou:20190320070616j:plain

f:id:atarou:20190320070632j:plain

 

昨日は最高気温13.7度と、今年最高を記録した。今日も13度の予報が出ているが、風が強いので、体感温度は低くなりそう。

 

f:id:atarou:20190320071043j:plain


 

19, 03. 2019 満作満開

f:id:atarou:20190319063545j:plain

 

昨日は気温が10度近くまで上がり、青空の領域もぐんと広がった。朝食後、直ぐに仕事に取り掛かる。昼食後もう一仕事進めて、散歩に出かけた。風も凪いで、暖かかった。

 

しらかば公園を、北へ抜ける。他の樹々と競合して、驚く程高くなっているキタコブシの梢に、白く冬芽が光っていた。3番通りを越えて、北の住宅街に入る。ポプラの梢は、黄緑色に見えていた。

 

f:id:atarou:20190319064338j:plain

f:id:atarou:20190319064355j:plain

 

団地の北外れから、北西の山並みを眺める。雲が多く少し霞んでいたが、北の手稲山、南の藻岩山が見えていた。

 

f:id:atarou:20190319064600j:plain

f:id:atarou:20190319064616j:plain

 

南北に通る幹線道路を、南へ戻る。歩道脇のレンギョウの、芽の先の黄色が伸びていた。蕾は見えていたが、椿の葉が変色していた。大丈夫だろうか。

 

f:id:atarou:20190319065215j:plain

f:id:atarou:20190319065233j:plain

 

目当てのマンサクの樹に立ち寄る。先端まで開いて、満開状態だった。春早く、他に花がない時期に、花期が長いのが嬉しい。

 

f:id:atarou:20190319065717j:plain

f:id:atarou:20190319065732j:plain

f:id:atarou:20190319065752j:plain

 

充分堪能して、住宅街を東へ戻る。分厚い雪の壁の下から、フキノトウが頭を出していた。春の兆が嬉しい。

 

f:id:atarou:20190319070143j:plain

 

今朝は浮雲が多いが、最高気温12度の予報が出ている。週末寒の戻りが報じられているが、早く雪が融けて欲しい。

 

f:id:atarou:20190319070443j:plain

 

18, 03. 2019 空半分の青空

f:id:atarou:20190318064548j:plain

 

昨日は西の雲が厚く高かったが、南東から北へかけて、青空が広がった。洗濯機を仕掛けて、仕事に入る。昼食後もう一仕事進めて、散歩に出かけた。風もなく、前日より暖かかった。

 

空が青い、南東を目指す。雪が融けた庭先で、フクジュソウが咲いていた。南の住宅街の桃ノ木を見上げる。芽の先端が、黄緑色に見えるのが嬉しい。

 

f:id:atarou:20190318065307j:plain

f:id:atarou:20190318065321j:plain

 

鉄道林前の1本北の道を、西へ向かう。大きなネムノキは、未だ数多くの実を下げていた。道の突き当りの緑地帯に入る。先年建った平屋のお宅は、未だ屋根に雪を載せていた。軒端の分厚い氷が気に懸る。屋根の勾配が、不足だったものと思われる。

 

f:id:atarou:20190318065812j:plain

f:id:atarou:20190318065833j:plain

 

遊歩道脇のキタコブシは、数多くの冬芽を白く光らせていた。此処のキタコブシが、最も変化が早い。

 

f:id:atarou:20190318070221j:plain

f:id:atarou:20190318070237j:plain

f:id:atarou:20190318070255j:plain

 

暫く通らなかった、緑地帯の遊歩道を北へ戻る。遊歩道脇のお宅の切り詰められたカエデに、白く光る芽が見えていた。

 

f:id:atarou:20190318070457j:plain

f:id:atarou:20190318070516j:plain

 

東町公園に沿って、戻る。小学生が、野球場の付近の雪割作業をしていた。降雪が多く、公園は未だ通り抜けが出来ない。

 

f:id:atarou:20190318070801j:plain

 

今朝は雲無く良く晴れている。昨日雲が高かった北西も、よく晴れている。山並みが見られるかも知れない。

 

f:id:atarou:20190318071002j:plain