27, 06. 2019 白い京鹿の子

f:id:atarou:20190627063103j:plain

 

列島の南は酷い雨の状態だが、雨雲が到達するのは明日以降で、初夏らしい天候が続いている。内庭のシャクナゲを2本と、ヤマツツジを切り詰めた。小枝は一日其の儘にして、しんなりさせてからゴミ袋に詰め込む。1時半過ぎに、夕食の素材を買求めに出かけた。

 

日当たりの良い位置のイボタが、開き始めていた。生け垣にしているお宅が多いので、この先暫くはイボタの香りが漂う。出始めの細い花序を載せたラベンダーが、膨らんで来ていた。ツリバナに、実が見えていた。丸く膨らんで、外皮が割れて花が下がる。

 

f:id:atarou:20190627064343j:plain

f:id:atarou:20190627064402j:plain

f:id:atarou:20190627064415j:plain

 

庭に植えられた馬鈴薯が、強い色の花を見せていた。東のスーパーで野菜を買い求め、西のスーパーへ向かう。中央分離帯のアズキナシの実が黄色味を帯び、目立ち始めていた。

 

f:id:atarou:20190627064751j:plain

f:id:atarou:20190627064808j:plain

 

買物を済ませて、ななかまど公園へ北から入る。遊歩道脇のオオヤマレンゲの実が、大分大きくなって来ていた。公園を西へ抜けて、白いキョウカノコを見に立ち寄る。咲き始めで、丁度佳い状態だった。花期の長い花なので、暫くは愉しめそう。

 

f:id:atarou:20190627065327j:plain

f:id:atarou:20190627065343j:plain

f:id:atarou:20190627065355j:plain

 

薄雲が広がっているが、薄日が洩れている。日差しが望めるのは今日まで。明日からは曇りの日が続く予報が出ている。

 

f:id:atarou:20190627065644j:plain

 

 

26, 06. 2019 実が育って

f:id:atarou:20190626061135j:plain

 

昨日は朝から気温が上って、よく晴れた。前日やり残した梅と格闘する。2時間近くかかって、何とか切り詰めた。梅の直ぐ南で、カシワバアジサイが花序を上げていた。すぐ隣では、サンカヨウが青い実を付けていた。充分実った処で採取し、西の方に蒔きたいと思っている。もう一種蒔きたいヤマシャクヤクの実も、随分大きくなっていた。

 

f:id:atarou:20190626061753j:plain

f:id:atarou:20190626061807j:plain

 

1時半前に、散歩に出かけた。南東を廻ろうと、南へ向かう。マルメロの実が、随分大きくなって来ていた。南の住宅街の桃ノ木には、実に袋がかけられていた。

 

f:id:atarou:20190626062232j:plain

f:id:atarou:20190626062253j:plain

 

鉄道林前の道に出る。オニグルミの実も、大きくなっていた。住宅街を気儘に曲がりながら、北西に戻る。庭のアーチに、派手な植物が絡まっていた。先日は花弁が複雑に開いたマーガレットを見かけたし、人間は不要なことをする。日当たりの良い位置で、ナツツバキに花が咲いていた。シンプルで、美しい。

 

f:id:atarou:20190626062912j:plain

f:id:atarou:20190626062927j:plain

f:id:atarou:20190626062942j:plain

f:id:atarou:20190626062958j:plain

 

今日は晴れて、気温が28度まで上がるとの予報が出ている。暑くなる前に、庭木の剪定を進めたい。

 

f:id:atarou:20190626063135j:plain

 

25, 06. 2019 柿の花咲く

f:id:atarou:20190625062629j:plain

 

雨で気温が低めの日々が去って、昨日は久々に25度を超えて晴天となった。居間の前で枝を広げている、梅の樹の剪定に取り掛かる。この地に越して業者に植え込んで頂いた折に、既に年数の経った大きな樹だったから、70年以上の老木。伸びた細い枝を切り詰めるだけで、疲れて顎が出た。今日もう一度切り詰め作業が必要。

 

1時半過ぎに、散歩に出かけた。幹線道路を、南へ向かう。鉄道林前の1本北の道へ入る。南向きの庭から、ギボウシの蕾が覗いていた。柿の木の葉陰に、黄色い花が見えていた。

 

f:id:atarou:20190625064119j:plain

f:id:atarou:20190625064132j:plain

 

東町公園に続く、緑地帯に入る。テウチグルミの実が、大分大きくなって来ていた。ケヤキの実は大きさを増し、一部は黄色くなり始めていた。

 

f:id:atarou:20190625064604j:plain

f:id:atarou:20190625064620j:plain

 

南の住宅街を気儘に折れ曲がりながら、北東に戻る。塀の前で、ホタルブクロが花を付けていた。花序を上げていたキョウカノコが咲き始めているのが、離れた位置からも分かった。

 

f:id:atarou:20190625064947j:plain

f:id:atarou:20190625065002j:plain

f:id:atarou:20190625065015j:plain

 

東町公園の北の道に出る。糸の様に細かったクリの雄花が開いて、白く太くなっていた。しらかば公園を、東へ通り抜ける。公園近くのインドリンゴに、実が見えていた。

 

f:id:atarou:20190625065648j:plain

 

今朝も雲無く良く晴れている。買い求めた剪定鋏、何故か小さな鋸も併設されている。この鋸で、多すぎる梅の枝を切ってみることにしようか。

 

f:id:atarou:20190625070046j:plain

 

24, 06. 2019 丁香花開花

f:id:atarou:20190624064317j:plain

 

昨日も雨の予報が出ていたが、前夜からの雨が上がり、その後降ることはなかった。治まっていた風が、又強くなっていた。洗濯機を仕掛け、庭仕事には葉が濡れていて不都合なので、手仕事をして過ごす。午後に入って雲が高くなり、明るくなって来たので散歩に出かけた。

 

しらかば公園手前のお宅の、葉の緑色のスモークツリーが煙を上げていた。しらかば公園は、かなりの数があるハシドイで、白く香っていた。

 

f:id:atarou:20190624065145j:plain

f:id:atarou:20190624065207j:plain

f:id:atarou:20190624065220j:plain

 

3番通りを越えて、北の住宅街に入る。ナンテンの蕾が、膨らんで来ていた。来週あたりの開花だろうか。

 

f:id:atarou:20190624065435j:plain

f:id:atarou:20190624065451j:plain

 

住宅街の外れから、北西の山並みを眺める。手稲山も他の山々も、青くくっきりと見えていた。

 

f:id:atarou:20190624065742j:plain

f:id:atarou:20190624065804j:plain

 

住宅街を、南東に戻る。切り詰められたのが原因なのだろうか、時期外れのモクレンが花を見せていた。

f:id:atarou:20190624070037j:plain

 

夕刻晴れ間が広がっていたが、今朝は曇り空。相変わらず風が強いが、今日は梅の樹を切り詰めようと思っている。

 

f:id:atarou:20190624070241j:plain

 

23, 06. 2019 雨降り続く

f:id:atarou:20190623062116j:plain

 

昨朝止んでいた雨が8時前には降り出し、酷い降りではなかったが、日暮れまで降り続いた。庭仕事も出来ず、手仕事をして過ごす。1時半過ぎに、夕食の素材を買求めに出かけた。雨は降り止まなかったが、風は凪いでいるのが幸いだった。

 

庭中バラが咲いているお宅の前を、通り過ぎる。収穫しないのだろうか。サクランボが真っ赤に熟していた。彼方此方で、庭木を切り詰めているお宅があった。かなりの量の幹や葉が、詰れてあった。丁度収集車に詰め込まれているお宅もあった。

 

f:id:atarou:20190623063839j:plain

f:id:atarou:20190623063853j:plain

f:id:atarou:20190623063910j:plain

f:id:atarou:20190623063923j:plain

 

最短距離を、北東へ向かう。ボケが、もう実を付けていた。生け垣の様に広がっていて、かなりの実の数だった。

 

f:id:atarou:20190623064236j:plain

f:id:atarou:20190623064252j:plain

f:id:atarou:20190623064306j:plain

 

2軒のスーパーを廻って、買物を済ませる。ナナカマド公園の遊歩道に、北から入る。地面は北が低くなっているので、雨水が細い流れを作っていた。切り詰められたネムノキが、葉を広げていた。今年は花を付けるだろうか。

 

f:id:atarou:20190623064752j:plain

 

今朝雨は止んでいるが、治まっていた風がまた吹いている。雨の予報が出ているので、風は治まって欲しい。

 

f:id:atarou:20190623065021j:plain

 

22, 06. 2019 猿梨花咲く

f:id:atarou:20190622062000j:plain

 

昨日は、前日から一気に6度も気温が下がり、酷い風が吹き荒れた。庭仕事をする気になれず、手仕事の続きをする。1時少し過ぎに、駅前のスーパーへ焼き菓子を買求めに出かけた。しっかり着込んで出て来たが、寒かった。

 

しらかば公園を西へ抜けて、北の沢へ向かう。沢のカシワの巨木に絡まったツルアジサイは、未だ花を付けていた。遊歩道を南へ向かう。巨木から下がったサルナシの蔓に、白い花が咲いていた。南の駅へ向いている二か所の自動ドアの入り口は、風の為に一か所は閉鎖されていた。

 

f:id:atarou:20190622062851j:plain

f:id:atarou:20190622062907j:plain

f:id:atarou:20190622062919j:plain

 

買物を済ませて戻る。ツルアジサイが未だ咲いていたので、鉄道林前の道に出て、イワガラミを見に立ち寄った。絡んでいる樹の上部は昨秋の台風で折れてしまったが、イワガラミは残って何よりだった。住宅街を、北東に戻る。ヒエンソウが佳い姿を見せていた。先週出来上がった家では、塀を造る作業が行われていた。東町公園の北の通りでは、2番目に工事が始まった住宅が出来上がっていた。

 

f:id:atarou:20190622064027j:plain

f:id:atarou:20190622064040j:plain

f:id:atarou:20190622064058j:plain

f:id:atarou:20190622064112j:plain

 

鉄柵に絡んだサルナシを、見に立ち寄る。花が盛大に咲いていた。最上部の写真も、サルナシ。4時過ぎには雨が降り始めた。

 

f:id:atarou:20190622064407j:plain

 

昨夜来の雨は止んでいるが、空には分厚い雲。今日も雨の予報が出ている。6月は当地の最も良い季節なのだが、今年は天候に恵まれていない。

 

f:id:atarou:20190622064627j:plain

 

21, 06. 2019 剪定鋏を買いに

f:id:atarou:20190621063450j:plain

 

雲の多い天候だったが、昨日は気温が27度まで上がった。相変わらず風は強かったが、前日の烈風に比べると、和らいでいた。見合わせていた庭仕事をする。一度切り詰めたクロフネツツジの中央部が未だ高かったので、両手使いの鋏で切り詰める。作業を終えて、すぐ隣の梅の樹を切り詰めようとしたら、長い剪定鋏が手元と鋏の部分が連動しなかった。仕方なく昼食後、ホームセンターへ鋏を買求めに出かけた。

 

南の住宅街を1番通りへ抜ける。塀の前で、白いジャコウアオイが咲いていた。少し小振りの白い百合も、花を開いていた。一番通りを、東へ進む。庭中にバラが咲いているお宅があった。東の沢のオオバボダイジュは盛大に花序を下げていたが、未だ開いてはいなかった。

 

f:id:atarou:20190621065113j:plain

f:id:atarou:20190621065126j:plain

f:id:atarou:20190621065143j:plain

 

様々な色と形状の煉瓦を見ながら東へ進み、国道へ出る。ホームセンターの前には、これから咲き出す花の鉢が並んでいた。現在しよしている鋏より刃が長く丈夫そうな種が出ていて、それを買い求めて戻る。

 

f:id:atarou:20190621065608j:plain

f:id:atarou:20190621065620j:plain

f:id:atarou:20190621065635j:plain

f:id:atarou:20190621065648j:plain

 

藤棚から、細い鞘が下がっていた。久々に前を通ったグミの樹は、もう実を下げていた。

 

f:id:atarou:20190621070117j:plain

 

今日は、一気に5度も気温が下がる予報が出ている。北海道の最も良い季節なのに、気温も天候も安定しない。

 

f:id:atarou:20190621070518j:plain