04, 07. 2016 色付く実もの


朝方の分厚い雲は中々消えなかったが,洗濯を終えた9時半過ぎに,漸く雲が開けて陽が射し始めた。早速仕事に取りかかる。正午過ぎにまた雲が増えたが,日射しを待ってもう一仕事進めた。2時過ぎに,散歩に出掛けた。

南東を廻ろうと,南へ向かう。ヒョウタンボクの実が色付き始めた。更に南のトウグミも色付き始めていた。住宅街を折れ曲がりながら,南東へ向かう。庭中が薔薇で埋っているお宅の塀の外に,ホタルブクロが咲いていた。こちらの方が好ましい。





鉄道林前の道に出る。窪地のセリ科の植物はすっかり枯れて,サワアザミも花期は終盤だった。前日あかしや公園のオニグルミが殆ど実を落としていたが、窪地の底から生えている大きなオニグルミの実は,実が房状に大きくなっていた。





通りの北側の住宅のプラムの実が,大きくなっていた。更に東のサルナシを見に立寄る。花弁が落ちて,小さな実が出来始めていた。ハルニレのある公園と日時計のある公園を通り抜け,1番通りに出る。葉が繁って暗くなった東の沢を覗き込む。ツルアジサイが巨木に絡まって,咲いていた。梢に近い方が花の勢いがあった。






住宅街を,北西に戻る。グミを見に立寄った。赤く色付いた実が熟していた。南のトウグミの3倍程の実の大きさ。子供の頃口に入れた味を思い出した。



当地は辛うじて夏日の気温だったが,本州方面は気温が上がったらしい。三重県の尾鷲では、38.6度迄上がったと報じられていた。体温を超える気温では、お湯に入っている様な感じになるのかも知れない。今朝は曇空。今日の最高気温は,21度の予報。