02, 04. 2013 鴉を追う鳶


例年より気温が低く,大雪もあった弥生3月が過ぎて,卯月初日の昨日は穏やかな日和となった。未だ庭にはかなりの雪が残っているが,家の壁が熱伝導率が高いので,雪は家に接している部分から解け始める。50cmを超える雪の層が後退し,猫達が家の周りを歩ける様になって来た。

2つの立体の着彩の傍ら,サイズの大きなスパイラルの成形に取り掛かる。2枚貼り合わせた和紙の成形は、中々手強く結構な力仕事。曲面を作る部分に霧吹きで湿らせて成形し、乾きを待って陶土入りの礬水を施した。一気に成形すると陶土入りの礬水を裏面に施すことが不可能になるので,端から順次仕上げて行く工程をとることにした。

2時過ぎに散歩に出かける。上空は晴れているが,西の雲が厚かった。風もなく暖かいので,久々に四番通りを廻ることにした。住宅街を北へ向う。陽当たりの良いお宅の庭先の雪が消え,僅かに地面が覗いていた。水仙とクロッカスだろうか。もう芽が出ていた。四番通りを渡り,原野を見渡す。西の山並みは霞んでいた。




四番通りへ戻り,東へ向う。冬期間除雪されていなかった北側の歩道が,所々雪が融けて現れていた。南側の歩道を東へ向う。農場の北側の木立の落葉松の大きな枝が折れて落ちていた。通りから北側は原野で,風当たりが強い為と思われる。木立の南側にも,小枝が数多く落ちていた。




上空を素早い影が過った。見上げると,鳶が鴉を追っていた。目の前の農場の納屋前では,鳩が落ちた玉蜀黍を啄んでいる。食用にするなら鴉よりは鳩の方が美味しそうなので,鴉は何か鳶の機嫌を損ねたに相違ない。鳶は執拗に鴉を追い回し,南の空に消えて行った。




西の雲が大きく広がって来た。三番通りへ戻り,住宅街を南西に戻る。相変わらず,雪割りをする人々の巣方が目に付く。敷地内の雪を陽当たりの良い道路に出し,塀の上にまで雪の塊を並べてあるお宅があった。石塀の上は早く融けるのは判るが,何とも可笑しい光景だった。



今朝は曇空。陽が射さぬので,色を使用する仕事は止めて,2枚合わせの和紙と格闘することにしようか。